2011年05月06日

5月8日は高濃度放射線物質が放出される。河野太郎氏

副島先生も以前に太鼓判を押していた政治家、河野太郎氏。

愛国心を持った数少ない政治家のようです。

副島先生の意見はとりあえず後で書きます。

そして、この原発の問題も2通りの考えに導かれることも分かりました。

どちらの意見が正しいかは、今は分かりません。

月日が経たないと分からない問題だからです。

とりあえずは深刻な事態だけは避けなければいけない。

河野氏のブログより引用

5月1日の政府・東電統合本部全体会合の議事録。
『このままいくと8日にも高濃度の放出が行われる。』
『細野補佐官から,本件は熱交換機の設置といった次のステップに進む上で非常に重要である,また,(今後,放射性物質が外に排出され得るという点で,)汚染水排出の際の失敗を繰り返さないよう,関係者は情報共有を密に行い,高い感度を持って取り組んで欲しい,とする発言があった。』

貼り付け終わり

この流れならば次のステップ、つまり原発事故終息に向かうには

必然的に、高濃度放射線を排出しない限り無理だということです。

これで事態が解決に向かうのなら、仕方ないと思います。

しかし、風向き方向の地域では、大量の被曝者は避けられませんね。

高濃度の放射線物質と書かれていますから

今までの量よりはるかに多いのでしょう。

これは政府からきちんと説明されるのでしょうか?

では、8日の放射線物質拡散図を見てみましょう。

http://www.rcec.sinica.edu.tw/~cylin/lab/WRF-radiation-forecase.htm

このデータから見る限り・・・

東北、北海道全域が全滅です!

8日はこの地方の方は

外出はしない。窓を開けない。など

最低限の対策はしておいたほうがよさそうですね。
posted by sur at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

シャンプーの配合成分の裏側!暴露

一昔前のシャンプーと違い、最近のシャンプーは「水に活性剤と防腐剤を加えただけ」の単純なモノではなくなっています。今回は、最近のシャンプーについてお話しましょう。

その前にシャンプーの歴史をひも解きますと、1950年代はまだ石けんが主流でした。それが、1960年代になると「シャンプー」と名のつくモノが参上します。1960年代頃のシャンプーは、粉末状であったり、錬り状であったりという状態です。今の様な液体シャンプーの参上は1970年代に入ってからです。この頃のシャンプーの付加機能としは「抗フケ作用」がありました。そして、1970年代後半からシャンプーにコンディショニング効果が付加されます。そして、1980年代後半にはリンスインシャンプーが参上し、1990年代にはシャンプーは「シンプル派」と「スペシャル派」へと分離していくのです。

まぁ、歴史はこの辺においておきましょうか。
では、現在のシャンプーの構成です。

成分 配合目的 配合% 例
界面活性剤 洗浄効果・起泡性 10~20 ラウレス硫酸Na・ココイルグルタミン酸TEA
増泡剤 泡質・起泡性 1~5 ミリスチルベタイン・デシルグルコシド
コンディショニング剤 柔らかさ・櫛通り 0.1~1 ポリクオタニウム-○・ジメチコン・カチオン界面活性剤・タンパク加水分解物

パール化剤 外観調整 0~5 ジステアリン酸グリコール
キレート剤 きしみ防止・硬水での性能向上 0.2~2 EDTA・クエン酸
防腐剤 防腐 0.3~10 メチルパラベン・安息香酸Na


勿論、「例」に上げた成分はほんの一例です。
界面活性剤の濃度は意外に低かったと印象を受ける方もいるかもしれませし、逆にこんなに入ってたの?と驚かれた方もおられるかもしれませんね。おおよそ6~7割が水で、残り2~3割は界面活性剤、最後の1割にいろんな仕掛けがあるのです。
最近のシャンプーは見た目の良さの為にパール状にしている場合がありますが、それはジステアリン酸グリコールが使われている場合が多いように思います。
また、キレート剤、防腐剤は必須で入っていますので、これがアレルゲンになる方も多いようです。勿論、健康な一般の方にはアレルギー性はない成分なのですけどね。

ちょっとここで、シャンプーに於けるコンディショニングの秘密(作用機構)をご紹介しましょうか。

シャンプーには、高分子としてポリクオタニウム-10などが配合されています。この高分子は、界面活性剤が多い場合(つまりシャンプー中)は、溶解しています。しかし、一度水が沢山入り、界面活性剤の濃度が下がる(すすぎの時など)と、不溶性になり水から分離して髪に吸着します。そうすることで、しなやかな髪質や傷んだキューティクルの保護などの働きを示します。

特にこのポリクオタニウム-10
これは配合されているほうがよいですね。

さらさらの感触になりますから
きしみを感じないからです。
posted by sur at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

斉藤和義は男の中の男であった!



少し前の話題になりますが

斉藤和義、最高ですね!

いやー、こう、影響力のあるお方が

このようなリスクを覚悟で本人の歌ずっと好きだったの

替え歌を作り、世に問いかけたのは、すばらしいです。

まさに男の中の男です。

歌にはその人の想いが込められているはずです。

斉藤和義さんの率直な気持ちを歌にしたのでしょう。


斉藤和義ってこんなにワイルドでしたっけ?

うさんくさくて個人的には最高にかっこいいですね^^

斉藤和義「ずっとウソだった」の歌詞
作詞作曲:斉藤和義
「ずっとウソだった」

この国を歩けば原発が54基
教科書もCMも言ってたよ安全です

俺たちを騙して言い訳は「想定外」
懐かしいあの空くすぐったい黒い雨

ずっとウソだったんだぜ やっぱバレてしまったな
ほんとウソだったんだぜ 原子力は安全です
ずっと嘘だったんだぜ ほうれん草食いてぇなあ
ほんと嘘だったんだぜ 気づいてたろうこの事態
風に舞う放射能はもう止められない
何人が被曝すれば気がついてくれるのこの国の政府

この街を離れてうまい水見つけたかい?
教えてよやっぱいいやもうどこも逃げ場はない

ずっとクソだったんだぜ 東電も北電も中電も九電ももう夢ばかり見てないけど
ずっとクソだったんだぜ それでも続ける気だ
ほんとクソだったんだぜ 何かがしたいこの気持ち

ずっと嘘だったんだぜ ほんとクソだったんだ

posted by sur at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

5年後の東京、東北地方はこうなる。



http://www.youtube.com/watch?v=tWWICnIQE9k
posted by sur at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

2011年05月01日のつぶやき

kobesur / sur
『ハイパーインフレ突入か!?』神戸 美容室surのブログ|http://bit.ly/jqOi4G at 05/01 01:12
posted by sur at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。