2011年10月23日

ここは、ええとこ家島(えじま)のお父さん

化粧水の中身、2つの有効な保湿剤
http://ameblo.jp/kobe-sur/

tossin_name.jpg

早速ですけど、うちの嫁さんのお父さんです笑

なので私のお父さんでもありますね~。

たまたまお父さんの記事が出てたので紹介しておきます。

tossin_01.jpg

この写真どうです?
生でみたら、めっちゃかっこえ~ですよ。
猟師の男って男の中の男です!

tossin_02.jpg

家島の漁業組合長さんで

全国の集会?よく出張にいかれてます。

私が知っているお父さんは

温厚で笑顔の素敵なのほほ~んと優しいお方なんですけど、

特にわが娘の前ではデレデレですね笑

しかし、ひとたび仕事となれば

鬼が宿るようです。

この辺りがかっこいいですね。

以下は紹介記事

とっしんさんこと中村利公さんは、漁師歴48年のまさに海の男です。家島漁業共同組合長も務め、島の漁師さんたちの代表として、家島の漁業のために日々東奔西走されています。

そんなとっしんさんが家島の魚のおいしさを語る時に、よく口にするのが「魚が苦しまない漁法」という言葉です。
「最近は魚群探知機やなんかが発達して、魚の居場所が一発でわかる。だから魚を根こそぎ獲ることも簡単なんや。」
「ほやけど、漁法によって魚の味は変わる。「魚が苦しまない漁法」で取れば魚の味もいい。だから家島の魚はおいしいんや。」
なるほど、いえしまの魚への誇りと愛を感じます。



いえしまの海を知り尽くしたとっしんさんの目に、最近の播磨灘はどう映っているのでしょうか?
「家島の海は変わってしもた。今まで獲れて当たり前やった魚が獲れなくなったり、獲れるはずのなかったものがようさん獲れるようになった。」
世界的な気候変動は家島の海の環境も変えつつあるようです。
「家島に来た人たちは、海を見て「透明できれいや」言うてくれるけど、魚にとってはこれはようない。」
「下水道が整備されたことで海がきれいになりすぎて、魚のエサになるプランクトンが減ってもうたんや。」
内海である播磨灘にとってこうした変化が及ぼす影響はひときわ大きいのです。
最近では漁協でも「漁場の保全」を始めています。そのひとつが、海底にたまった栄養素を海中に混ぜるための「海底耕運」。その効果が少しずつでてきているそうです。
今後は行政など、多様な主体との連携の中でこうした取り組みを進めていく必要があります。



とっしんさんに会った人がびっくりするのが、その手の大きさです。握手してもらうとがっしりとした厚みが伝わってきます。
「最近はみんな漁の時手袋を使うけど、それやと微妙な感覚がわからへん。ほやからどんなに寒い時もわしは素手や。」
とっしんさんの手の厚みは、48年間家島の海とともに歩んできたその重みなのです。



48年間なんてすごい!
そして本当に魚が好きなのです。

愛がこもった漁師だからこそ

家島(地元ではえじま)の魚は、うまいと評判なのです。

魚だけでなく忘れてならないのが海苔

今から海苔を作る時期ですけど

これまた美味い!

工場にも見学行きましたけど

すごい機械でした。

尊敬できる偉大なお父さんです。


tossin_up.jpg

愛船 住吉丸

このお父さんが、魚のことまで考えて捕った魚を

ぜひ、食べに来てくださいね。

岡部旅館さんが提供してくれます。

ジャコ鍋は、必見!


http://homepage2.nifty.com/ieshima-okabe/index.html

ちなみに明石の魚の棚の鯛などは

ほとんど家島鯛なのに

明石鯛と名がつくのは、いかがなものか・・・。

人も優しく、アットホーム、

海も山もあって、魚が美味い島

ここはえーとこ!

それが家島です!



化粧水の中身、2つの有効な保湿剤
http://ameblo.jp/kobe-sur/




















ラベル:家島
posted by sur at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。