2012年06月14日

部分、ポイントコンプレックス前髪縮毛矯正★

こんにちは~

梅雨と言うのに良い天気ですね~

昨日、子供服を買いにいったんですが

もちろん家族で、

もうね、2歳すぎると全くじっとしてくれない。

脱走するんですよ笑

走って転んで、暴れまくっております^^:

同世代のお母さんたちの顔色見てみると

やっぱ皆疲れてる笑

この時期は、手がかかるし

反抗もしてくる時期で大変な面もあるでしょう。

その反面、最高に可愛いのも今の時期。

神様は、二つの贈り物をくれたんだよ^^

この時期は、特に父親のサポートが必須だと思います。

世のお父さん達!

週末は、家族サービスしてあげてね。

さて、今日のゲストは、こちら!

IMG_20120610_103023.jpg

前髪の縮毛矯正とカットです。

IMG_20120610_103049.jpg

厳密には前髪+もみあげのフェイスライン一線です。

IMG_20120610_103118.jpg

くせの強さで言うとそこまで強くはないんですが

全体に大きくうねるクセで

軟毛なため傷みやすいです。

画像では、わかりにくいですが

センターの生え際に

かなりの生えグセ、渦上のものがあります。

矯正で生えグセを治すことは、もちろんできません。

ですが、素直に毛流に沿って矯正すると

とんでもない頭になってしまいます。

ある程度、折れない程度まで補正をかけて

自然な毛流れをつくります。


毛髪ダメージも気になるので

酸性チオと酸性スピエラ、アルカリチオ(ノーマル)くらいで

トリプル還元法で

じっくり還元しました。

このタイプの毛髪に、高PH、高アルカリのお薬を用いると

軟化だけ進み、還元が出来ていない。

つまり伸びていない、

こういう状態を招きます。

私的に、部分矯正は、フェイスライン一線くらいまで

そう感じています。

これ以上広範囲、表面だけとか

耳後ろから前全体とか

そういう風なやり方をすると

質感の差がモロに出てしまいますので

見た目が不自然になります。

特にコンプレックスを用いるとそれがより顕著に現れます。

クセがあるとどうしても、ツヤ感が感じられませんが

矯正をあてると、当ててない部分より

毛髪が綺麗になります。

なると言うよりなったように見えるですが・・。

自毛より縮毛矯正したほうが

ツヤ感、手触り共に向上して

綺麗に見えるんです。

薬剤を誤ると、真逆の結果にもなりますけど^^:

仕上がりです。

IMG_20120610_115658.jpg

IMG_20120610_115828.jpg

右側撮るの忘れちゃった^^:

くせ毛の人の多くは、このフェイスライン一体に

クセが強い人が多いので

ここだけ縮毛矯正して

後は、パーマ風にセットするってのも有りだと思います。

それと今回、コンプレックスの皮膜は

薄くしています。

あまりにも質感が違うと不自然なので

調整しています。

部分矯正+カット ¥13650

それでは、また~
























posted by sur at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 縮毛矯正 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。