2013年09月01日

血液の浄化を意識して健康体

こんにちは。

本日もあいにくの雨ですね。

今日から9月に入りましたね、

やっと?夏休みも終わり


気温も下がってくる頃ですから

免疫高めて美食な秋を楽しみましょう~

本当最近、色んな相談を受けるんです。

医師免許持ってればよかったかな^^

そんな頭持ち合わせてませんが笑

でも、そのほうが、何か知識を深めるのには最適で

自分のためより人のためにしているほうが

頭に入るんですよ。

それとただ、真実はどうなのか?

そこを知りたいのです。

お肌は髪は弱酸性がいい。

だけど、
人間の正常な状態の体液は、ペーハー7.4位の弱アルカリ性

ここが大きな違いですね。

大体の主食

肉、魚、米や小麦、砂糖なんかは、酸性食品
ジュース類

一方、アルカリは

果物、野菜、梅干などです。


ここ最近の現代の食生活の乱れを表していると思いませんか?

パン、パスタ、ピザ、ハンバーグ、ラーメン、うどん
焼肉、ケーキ、コーヒー、刺身

大体、外食だとこういうメニューでしょうし

常時こういう人も結構いたりする。

というか一人暮らしだとそうなる率高し!

酸性の食品しか摂取していないことになります。

これでは血液がドロドロになり

疲れやすくなって、免疫が下がります。

これを、長期で10年も20年も

こういう生活を続ければ

癌などの病で倒れるでしょう。

ここにアルカリ食品を意識的に摂取すればいいんです。

酸性食品のほうが、圧倒的に数が多いので

野菜を大量に食べなければ中和できません。

なのでおすすめは梅干です。

梅干しはすっぱいので酸性と想像されがちですが、
れっきとしたアルカリ性食品です。
梅干しがすっぱいのはクエン酸によるものです。
体内でエネルギー源を燃やしてエネルギーにする回路を
クエン酸サイクルとよびますが、
クエン酸がこのサイクルの働きを活発にし
、疲労の原因となる乳酸の蓄積を防ぎます。
乳酸が消えると、血液は酸性から弱アルカリ性に変わり、
血液がサラサラになるのです。


酸性の強い牛肉を100グラム食べると
アルカリ性のきゅうりは900グラム必要です。
梅干しならばたった5グラムの量で中和してくれるのです。

今日から毎日梅干食べてスッパマンですよ^^

それと弱アルカリ性の天然のミネラル水を

飲用水として毎日ちゃんと飲みましょう。

お茶やコーヒーを水代わりに飲んじゃ駄目ですよ^^

ではまた!


posted by sur at 17:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 非常識な健康法 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。