2011年05月20日

ホームカラー VS サロンカラー ダメージ編

前回の続きです。

前回は、色についてお話しました。

今回はダメージについて。

サロンカラーとホームカラーの1番の違いかもしれません。

基本的なカラー剤の構成はあまり変わりません。

黒い部分、白髪を染めるには

相応のアルカリ濃度、過酸化水素濃度がいります。

日本では過酸化水素の濃度は上限6%です。

なので6%が標準で、両者とも基本はこれです。

基本的にはこれでOKなのですが

これは黒い部分、でてきた白髪を染める場合です。

これを明るいところ(染めている部分)

毛先が黄色くなったりして

そこを染めるときに

そのままその液をつけると

ブリーチ力も高く

特におしゃれ染めの場合は

その液では色味もあまり変わらず

ダメージにつながります。

プロはここで過酸化水素の濃度を変えたり

アルカリ濃度の低いカラー剤に切り替えます。

+ダメージしている部分に適切な栄養を補ってから

塗布します。

この違いは結構大きいです。

これを何度も繰り返していくと

明らかに差が出てきます。

ホームカラーを繰り返しされている方の

髪質はすぐにわかります。

髪にハリがなく痩せてしまっているので。

総評すると

色実にこだわりはなく、出てきた根元部分のみを

繰り返し染めていかれるなら

ホームカラーもひとつの選択肢です。

それ以外、特にダメージやハリコシを

求められるならサロンカラーがおススメです。

最近泡カラーが流行ってますが

あれはやめておいたほうがいいですね。

何故なら根元に塗ろうとしても

毛先にどうしてもついてしますから。

毛先が痛んでしまいますね。

お手軽でいいのでしょうけど

部分染めなどには最適ですね。

ラベル:ホームカラー
posted by sur at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック