2011年05月24日

アセッションなど存在しない!

2012年に次元上昇、アセッションなど言われてますが、最初は信じていましたが、世界を裏で操っている人物などを深くしるようになるとどうもデマのようです。

さてはてより

私たち平均的な日本人は毎日仕事に出かけ、家に帰ると酒を飲んだりしながらテレビを見ている。そのテレビではニュースも流れてはいるが、たいていは娯楽ものが多い。日本人は特にテレビという「魔法の世界」に釘付けにされている。(引用注:引用者とはほとんど関係ない世界ですが)

そしてテレビを見て、俺はたいていのことは知っていると自負しているが、実はたいていの事を知らない。

日本人のすべてが目覚めていれば、今回のような事態には至らなかった。

日本人が夢に浸っているうちに、悪魔が政治を操って破滅へと導いていたのである。

いま世界は新たな時代へと向かっている。新たな時代と言えばありふれた言葉になってしまうが、それはまったく別の時代になってしまうということだ。

分かり易く言えば、世界の歴史には、古代、中世、近代、現代などという名称がつけられているけれど、その現代から移行しつつあるというような意味である。

密教仲間のスピリチュアリストたちがそうした異次元への移行をさかんに表明しているけれど、別にそれは神の意向ではない。世界を支配する人間たちが、資本主義を破壊して、新たな時代を創り出そうとしているだけである。


資本主義の次は一体なんなんだ?
posted by sur at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック