2013年02月01日

自宅でヘナで染める場合 知ってほしいこと。

こんばんわ。

この間、スゴイ吹雪でしたね。

残念ながらバイクで帰宅中で5分も経たないうちに

一面真っ白になりました^^:

シールドは、雪を掻き分けないと見えないし

滑る滑る。

おまけにエンジンもチューンしてあるので

キャブレターに雪が入って

アクセル煽らないとまともに走らないので

結局家の近くで赤信号で止まり際、転けました笑

バイクってハンドル握ってたら無傷で済むと分かりましたよ。

こけるとステップがまず接触して次にハンドルという感じなので

どこか打つこともなかったので、良い勉強になりました笑


さて、最近、ヘナを自宅でしていて

白髪も増えてきたし、ちょっと明るくしてみようかなと

来られるお客様がちらほらおられるんですが

出来る場合とできない場合があります。

まず黒に近い色に染まっていると

明るくならないと思います。

明るくなるケースは、スタンダードなオレンジのヘナだけで

染めているケースです。

これだと明るくなることが多いです。

ヘナ自体は、痛まず良いカラーだと思いますよ。

ツヤも出ますし。


ですが、もし、明るくしたり、ちょっと色で遊んでみたいとか

パーマあてたいと思われるならやめていたほうがいいんじゃないかな~と。

オレンジにインディゴ、藍色とか混ぜて使われているんだったら

諦めた方がいいです。

ヘナを使われる方は、セットで石鹸シャンプーをご使用しているお客様が多いので

濃く染まる色+石鹸だともうちょっとお手上げ状態です笑

一応、毛髪の一部でチェックはしてみますが

通常アルカリカラーの最もパワーのあるものでも何も変化ないことが多いです。

どうしてもと言うお客様には、ブリーチで脱染すれば

なんとかなりますが

藍系ならアッシュ?いや緑に近い

オレンジなら、結構赤みが強く出た色になります。

明るくはできても希望の色味に仕上げられないことが多いです。

以前のケースでブリーチ3回程で残留ヘナの色素を

取り除くことができましたが

こうなると毛髪の損傷も激しくなるため

おすすめはできません。

それと石鹸シャンプーも止めてもらわないといけないし

お客様自身ストレスになるかも。

というわけでもし、カラーで明るくしたり

パーマしたいのであればヘナは、しないほうがいいですし

パーマもカラーもしないならヘナは、ツヤも出ますし

おススメです。

ではまた!

posted by sur at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カラー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック