2013年11月01日

アトピーの本当の原因とは??

こんばんわ~

今日から11月です、気合入れていきましょう~

喉が痛いのだけど笑

ん~この喉の痛み・・

5月ごろに苦い経験があり

1ヶ月強は治らなかった。

途中、声も枯れきって出なくなってしまうことがありまして

もうあれになりたくないので

しっかり対策します。

無水エタノール喉にいけば

どうなるんでしょうか笑

やりませんけど即効性抜群かも!?

さて、本日はアトピーのことについて

軽度なものもあわせると結構いらっしゃると思うのです。

肌が乾燥してバリア膜がなくなって・・・

なんてのもあるのかもしれないけれど

もっと根本な部分

なんでなったのか?

急になった人もいるでしょう?


ほとんどは薬害の可能性が高いと思います。

アトピーだからステロイドをもらうだけじゃないんです。

花粉症や鼻炎喘息の薬に

このステロイドが入ってるんです。

ステロイドは活性酸素をやっつけます。

なので、よく効きます。

あくまで使っている間だけです。

使うのやめると

活性酸素と結びつき酸化ステロイドに変性します。

そうするとまた症状が出てくるんです。

だから塗らないとますますひどくなる・・


虫刺されのムヒなんかにも入ってますよ。

ムヒですら体内で合成されるステロイドホルモンの

実に200倍以上もの濃い強いものが入ってるんです。


その分、酸化して、止めると症状が悪化するから

どんどんステロイドの強いものが使われます。

そうなってくると皮膚も黒ずみ

脱ステロイドするにもかなりのリバウンド現象があるので


辛い思いをすることになります。

そうなる前に、こういった薬

点眼、点鼻薬なんかも注意が必要です。

できれば、別の方法で治す事を検討してはいかがでしょうか?


もうひとつ原因があるんですが

それはまた今度書きますね~

ではまた!

posted by sur at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 非常識な健康法 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック