2015年07月31日

皆生温泉 松月

こんばんは^^

月曜日から旅行にいってました。

お宿の紹介です。

何気に楽しみにされている方も多くて

ブログ見て言ってきたよなんて方もおられますので

参考がてらにどうぞ♪

今回は鳥取にターゲットを絞りました。

最初は信州あたりを予定して宿まで取ってたのに

キャンセルしました^^:

リピートしたい宿があったことと

ご飯もおいしく空気もいいので。

でも・・遠いし、チビも小さいので

次は伊勢、志摩方面で検討・・

海と遊園地あるし、こちらも宿確保したものの・・

夏は遊園地は地獄・・

それでいて泊まりってみたい宿はありましたが

中学生以下不可ってところばかりでした^^:


ということで

山と海

両方が近くにある鳥取県に選びました。


残念なことに台風から変わった熱帯低気圧が

鳥取県にドンピシャで近づいてきて


残念なことに1日目は雨でした・・


この日の目当てが海水浴だっただけに

ショックです。

一泊目は


皆生温泉 松月 さん
image56.jpg


思ったより外観は古い・・

ロビーにいくと

綺麗で安心しました^^

皆生温泉を選んだ理由は

目の前が海水浴場だからです。

下のチビは小さいので

宿で待機できる点などからここに選んだ感じです。

こだわった点は

部屋に露天風呂があることくらいかな~


源泉かけ流しの温泉であること

そうなると1階でした。

源泉かけ流しは配管の都合でやっぱり1階にしか

無理なのかな~??

前のお宿もそうでした。

そうなると当然オーシャンビューの景色は楽しめません・・・


syougetu402.JPG


かけ流しでなければ

上の階に露天客室がありました。

5666_1.jpg

リラックスグレードでも

この上の階が載っていたので

ここが宿側のウリなんだと思います。

ここの温泉は、塩分濃度が高めで

PH高めだと思います。
海水の影響?

この感じは去年泊まった

ニュー淡路と同じ感じです。

肌が弱い方だとちょっとかゆいかもしれない。

私は手荒れがあるので

手だけめっちゃ痒かったです笑

でもいい湯ですよ。

すべすべ感はあんまりないかな。

最上階に大浴場展望風呂と露天があります。


mNU84b.jpeg

露天は海水浴場から丸見えなので

女性の方からするとどうなのかな?

部屋の露天で十分満足できました。


それと夏の露天は虫がいっぱい浮いているので

あんまり浸かろうと思わないんですよ~・・

料理は山陰ならではの海鮮!
これはうまい!

個人的に八寸と共にでてきた

一口サイズの握り寿司が旨い!

画像 691.jpg


お腹が減っていたから?

画像 694.jpg

岩カキに鮑

画像 703.jpg

のどぐろ

鳥取牛ステーキとでてきました。

のどぐろ・・・とてもおいしい^^


肉は正直・・兵庫県のがおいしいと感じました。

そういや白いかが出てこなかったのが

ちょっと残念・・

この時期のいかはとてもおいしいですから^^

夜は花火が海岸で上がってびっくり!

夏休みの期間


うる覚えですが毎日?あがるそうです。

2分だけなのですが

近いし迫力満点!

画像 718.jpg

子供にはうれしいお祭り的なものが

前の海岸で毎日やってます。

天気があまりよくなかったので

それほど海水浴は楽しめませんでしたが

それでも、専用の更衣室と貸切露天風呂に宿泊客は

翌日も入れるので

快適に海水浴をするのには最適ですね。

サービスや清潔感

料理のタイミングも良いですし


ハイクラスな宿だと思います。

ただこれといって何がよかったかと聞かれると

返答に困るような微妙な評価になってしまいます。

ひとつ気になったのがアメニティ関連ですね。


0000366_20100512220811_71324_L.jpg


これは改善して欲しいです^^:

配慮がある宿は業務用使ってますからね~

シャンプーもツバキでしたし・・



娘の幼稚園の子と宿でばったり遭遇したのが以外でした^^:


皆生の海より竹野のが

水質はいいと思いますね。

米子市が思っていたより都会なので

もうちょっと田舎のが私的に好みな感じ。


ちょっとだけ晴れた好きに

下のチビの海水浴デビュー^^

最初泣いたけど

長女の時はギャー泣きだったのに

すぐに泣きやみ

気持ちよさそうでした^^



画像 675.jpg

2泊目は大山に宿泊したので

また今度アップします。

それではまた!
ラベル:皆生温泉
posted by sur at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック