2016年03月17日

膠原病 SLE

こんばんは

明日18日金曜日午前中お休みいただきます


いよいよ娘の卒園式です

すでに感極まりそうな・・予感が^^:


先日親戚の葬式に参列しました

今後、葬式に行くことも増えるんだろうな

そう実感する


祝い事も多いけど不幸も多く

今年になってから思い出に浸る間もない感じで

色んなことがありすぎてます

そんな中、親戚の旦那さんが??

足どうしたんですか?

怪我でもしたのかな、っていうくらい

歩きにくそう

色々話す中で

SLEだということでした

SLE?? なんじゃそりぁ?

調べていると

全身性エリテマトーデスという病名です。

難病指定されている膠原病の一種です

ベーチェット病とかリウマチとかも膠原病で



その数は50種類以上と言われている

小難しい話はググッてもらうとして


SLEを発症して大腿骨頭壊死になっていると。

91S90g90AB83G838A83e837D83g815B83f83X2882r82k82d2982C982DD82E782EA82E98FC78FF3.jpg
股の関節を人工関節を入れるか検討しているとのこと

骨が壊死!?

普通にしていてそんなことになるはずはない


ものすごい違和感のある話


色々聞いているうちに

やっぱあの根源に辿り着く・・


特発性ステロイド性骨壊死症

これですね


初期に体重分のステロイドを出されていることと


その後も継続的使用なのが良くないのかと


私なりに色々と調べた結果

手術しなくても治りそうだという結論

膠原病全体的にいえることだと思います。

もうこれ以上薬害で苦しまれている方を


見るのは嫌なのでこれからは伝えようと思います

現に旦那さんは現在仕事もできず

ご本人自身も大変辛いでしょう

可愛いお子様が二人もいるのに・・・

それにSLEになるのは女性が多いそうで

男性は1割くらいだというのに・・何故?


安保先生の本にこのことは詳しく書かれていますが


きっかけは強いストレス

交感神経緊張状態


ここを本来であれば

副交感神経を刺激することで

治癒に向かう

その過程で炎症や痛みなど

苦しい症状がでます

これをなんとか自然療法

東洋医学的なところで和らげてあげる治療をすれば


いずれ治癒に向かうはず。

img_koukan-hukukoukan.gif
それがこの炎症をストップさせるのが

ステロイド

本当にひどいとき一時的な使用はありだと思うけど

常用するものではないとおもってます

治癒反応すべてにおいて蓋をしていくのですから


不治の病となるわけです

ステロイドを常用しだすと

血流が悪くなって冷えに悩まされることに

常に交感神経緊張状態になるため

血圧上がる

血圧降下剤投与

脈もはやくなって不安になるから

抗うつ剤

こんな風に薬漬けになってしまい

そこから他の病気を呼び込む形になって

一体原因はなんなのか?分からなくなってしまいます


対処療法では病は完治しません

そのことを四十九日のときに伝えようと思ってます

ちなみにステロイドは肌の炎症でもそうですし

喘息などの治療にも使われてます

点眼なんてのもあります


安易な使用が膠原病を生むきっかけになると思いますので

注意してくださいね


それではまた!

ヘアサロン  Sûr シュール
●電話番号 ; 078-331-6889
●営業時間 ; 11時~21時
●定休日   ; 月曜日・火曜日・第1・3水曜日
●HP ; http://www.kobe-sur.com
●MAIL :info@kobe-sur.com
●LINE SûrのLINE

posted by sur at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 非常識な健康法 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。