2016年05月13日

長年のパーマカラーの代償 ビビリ毛にパーマ

こんばんは

いよいよ夏っぽい天候になってきましたね

今日の塩屋の海は、キラキラ輝いていて夏でしたよ^^

海沿いに住んでみて思ったのが

風が強い! 三宮では無風でも

塩屋に帰ると風が抜けます

なのでこの時期でも夜は寒い

夏はどうなんだろうか?
では施術です


ご新規のお客様

娘さんがsurを見つけてくれたそうで

その後、娘様もご来店くださりました


IMG_7255[1].JPG

ビビリでしたw

半分くらい・・いってます


長年の付き合いでご年配の方がされている

いわゆるおばちゃん美容室で

ずっとお任せでしていたそう

1ヶ月に1度の白髪染めに

2ヶ月に1度のパーマ

薄毛も気にされていてパーマで

ボリュームを少しでも出そうと頑張ってる


これは欠かせない


だけどここ最近は髪の状態が

特に悪いと^^:

2803cddafb0d79c6.jpg
これは世代のギャップとでも言うのか

一昔前はこれがスタンダードであった

80f636091fec75d2.jpg
きつくパーマあてて

ブローで伸ばす

それでふわっと華やかになる

これは有りか無しかで言えば有りだと思う

aa9e04bc8fb4c558.jpg
ただ・・

器用な人でない限り

自宅での再現性はゼロ!!w


髪質が硬くて頑丈な人にはちょうどいいかもしれない

髪が細くて痛みやすい髪質の方

今回がそう 

そのような方には これ以上イジめんといて!って思ってしまう

年配の方であれば少々物足りなさを覚えるかもしれないけど

ブローありきでは考えません

ハンドブローで決まる

そうなるとロッド径も変わるし

薬剤も変わる

なにより続けられることを前提とした場合


薬剤を適正に調整しないと

今回のようなビビリでチリチリの悲劇が待っています


白髪染めをしていない白髪80%~くらいになると

これまたあたりにくい

昭和にタイムスリップしたようなところだと

1.2種類くらいしか液がない

これは有る意味かっこいいけどね

白髪ベースで考えるとほぼビビリにならないし


液というよりも昔は付け巻きで

オーバータイムで軟化しすぎるパターンが多いと思います

ロッド版パンチみたいな

乾いてもロッド径のまま固定されちゃっているくらいなのでw

middle_1206941802.jpg

大仏パーマ

それを良しとする方には

物足りないのは間違いないと思いますが

今回は大丈夫でした^^

ちなみにパーマをあてて何もつけないとか

そんなんであればパーマあてないほうがいいと思う

可愛くなるにはメイクと同じで必要です

オイルであれ、ヘアクリーム、WAXなんだっていいので

つけてスタイリングしましょう

そうしないとパーマのよさは引き立ちません

良いお肉があっても塩やコショウがないと

美味しくないでしょ?それと同じです

希望はパーマカラーなので

この状態では無理なため

できる限りカットして

ビビリ部分を落としてからパーマとカラー

それでも毛先はある程度残ってしまう・・


薬剤はGMTというチオに近いような存在の液ですが


軟化というものに関しては間逃れるので

ダメージは少ないです

昭和時代に比べるとすごく還元剤の種類が増えました

何を選択するかは個々の美容師さんによって考えも違います

昔からあるチオグリコール酸オンリーで

酸性~アルカリ パワー値の違うお薬を用いたり

補修剤の併用して綺麗にあててる人もおられます

過去のデータもあるので

安全性ももっとも高いですしね。

新規原料というのはその点はちょっと気になる点でもあります

南淡路からお越しいただいていたので

そんなに頻繁に来れないから

荒療治での施術です^^:


IMG_7256[1].JPG

この満面の可愛い笑みが物語っております^^

もちろんノーブロー仕上げです

今日は幸せな1日やった~


ありがとう、またお願いします


ここにきたら何でも喋ってしまうな?

いっぱい喋ってごめんよ~って

いえいえ、楽しかったですよ♪

そして、マシンガントークの方

非常に多いのでノープロブレム!w

-10歳エイジングケアですね♪

お肌のツヤ感 透明感 

とても綺麗なお肌なので

髪もツヤ感は大事ですね^^


またのお越しお待ちしております

それではまた!

ヘアサロン  Sûr シュール
●電話番号 ; 078-331-6889
●営業時間 ; 11時~21時
●定休日   ; 月曜日・火曜日・第1・3水曜日
●HP ; http://www.kobe-sur.com
●MAIL :info@kobe-sur.com
●LINE SûrのLINE
posted by sur at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | パーマ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック