2016年09月23日

玄関ドアの断熱性能

ここ最近めっきり涼しくなり

エアコンを付ける機会は減ってきた

それでも今までは意識することなかったが

実は今現在、外は涼しいけど

エアコンを稼働させている

何故なら湿度が高いから

湿度が80パーセント超えるとカビ菌が増殖する

家を快適にそして長持ちさせるには

湿度コントロールはとても大事


8月はずっと付けっぱなしであった

断熱性能がある程度高いと

タイムラグがあり

例えば朝クーラーを切るとしばらくは

涼しいけど夕方くらいから暑くなる


そして暑くなってしまうとそこからなかなか冷えない

1度冷やしてしまった方が効率がいいのと

エアコンも古くなければ24時間稼働が電気代が安い

いくら断熱材を厚くしても

樹脂サッシのトリプルガラス入れても

1つ盲点がある

それが玄関ドアだ!

樹脂のトリプルをykkやリクシル

業界大手もかなりオススメしている

それなのに玄関ドアの性能がこれに全く追いついていない

ようやくykkが本腰入れて開発してきたみたい

残念ながら家の完成には間に合わなかった


この間まで住んでいた賃貸のドア

image.jpeg

一昔前までこれがスタンダード

アルミの玄関ドア

実家もこれだったなー

これはアルミサッシと同様

熱をとても伝えやすい素材

夏場はまだマシ

冬なんかとんでもなく冷たい

防音性がとても低く
外の音が丸聞こえ

さらに気密が悪く隙間だらけ

隙間テープで対処してみたけど全然ダメ
image.jpeg
せっかくなので厚みを測ってみた

もし他を完璧にしても

玄関ドアをこのドアにすれば元も子もないでしょう



アルミ玄関ドアの熱貫流値を調べたけど分からなかった


続いて我が家の玄関ドア

スウェーデン製木製玄関ドア

スニッカルペール社の物です
image.jpeg

熱貫流値は国内で同じレベルのものは

見当たらなかった

表面は無垢のパインに

間にウッドファイバーの断熱材がサンドイッチ担っている

image.jpeg


厚さは倍ほど違いますね

それとすごいな!と思ったのが

縁に一周ゴムが付いていること

普通には閉まらない

手前にぐーっと引かないと鍵もかからない

このゴムを圧着して扉が閉じるような感じで

いかにも気密が高くほとんど密閉された状態で閉まる


無垢材なので柿渋塗って仕上げました


お気に入りのドアです

たまにオイルなど差さないとダメでしょうが


それも愛着がもっと湧いてくるかな?

この扉の威力は冬に出てきそうな気がしてます

玄関ドアの性能も侮ってはいけないポイントだと思います

ただこういうドアは関西では展示してある店舗はなく

東京のみとなります。

カタログとにらめっこしながら決めた

来るまで不安もあったけど

これにしてよかったなと満足してます


スウェーデン製かドイツ製が間違えないかと。。

ではまた!
posted by sur at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | myhome | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。