2013年09月14日

カッケ~音源partⅢ Charlie Hunter

こんばんわ。

本日はカットが多く

髪切り職人に徹していました。

量が多い人ばっかりだったので

美容師泣かせ^^:
 

久しぶりに音源シリーズ復活です笑

今回の曲

Charlie Hunter Quartet feat. Mos Def - Creole



まずは聴いてみて下さい。

どうでしたか?


JAZZの人って感じでしょう~

かっこいい音です。

しっとりしていて好きです^^

でも、このボーカルはMos Defです!

Mos Def知らない人はこれ聴いてみてください。

かっこいいですね~


バリバリのヒップホップ

ラッパーです^^

それが歌ってんだからレアでしょう。

Charlie Hunter

特注の8弦および7弦ギターでギターパートと
ベースパートを同時に演奏するアメリカの鬼才ミュージシャン。

モスデフはヤシーンベイと改名しているみたい。

覚えにくいな~

個人的にJAZZとヒップホップのクロスオーバーが好きなんです。

中途半端かもしれないけど

私的には好きです^^

音楽は気分によって左右されるものなので

もっとアップテンポなのも好きですし

基本派手な音が好きだったけど

いつのまにかこういうところに落ち着いていったという感じで

歳ですね笑



でわまた!
posted by sur at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 渋い音源 | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

カッケ~音源partⅡ DJ Ryow

こんにちは。

久々の更新です^^;

というのも暇がある時に音源の整理をしていまして

7年分あるので大量のデータがあります。

surのために親友のDJFULが

カッケー音源たくさん持って来てくれるのですが

名前も知らないカッケー音は、無数にあります笑

これじゃアーティストにも失礼

なのでちゃんと覚えて

お客さんに紹介できるくらいにならんといかんですね^^:

音楽を愛する人は、たくさんいると思います。

だけどね、メジャーの世界で活躍している人達の

情報は、入ってくると思うのですが

JPOPなどは、勝手に入ってくるでしょう?

だけどクラブでかかってるような音は

やっぱアングラなので

なかなか浸透していない。

一部のコアなファンを除くと。


お国柄?文化の違いかな?

めちゃくちゃかっこいい音でも

売れてないんですよ^^:

それは、単に知らないだけだと思うので

そんなものをたまーに紹介していこうかなーと。

美容情報と交えてね。

売れている音が、必ずしも良い音とは限らない!

これは、美容業界にも通じるものですよね^^

要するに、アングラで活躍している人たちは

本当に音楽が好きで、こだわって自分を表現しているんですね。

だから本当名曲に出会うとシビレます!

以前紹介したホセジェイムス聴かれました?

かっこよくなかったですか?

あー途中ですが

オリジナルトリートメント施術後の画像です。IMG_20120415_151003.jpg



残念ながらビフォー、バタバタしてたのでありません^^:

毛先がかなりダメージしてたのですが

良い状態になったと思います。

これからの時期の紫外線ガードにも最適かも?

さて!今日の1曲はこちら!




ゾクゾクするほどに美しい旋律を奏でる鍵盤(Yusuke Nakamura of Blu-Swing)と
サックス(Kenichi Fukushima)の泣きのブロウと、
儚くも破壊的なドラムが絶妙なコントラストを描いた「これぞスムース・カレント印」な、
世代やジャンルを超えて愛されるであろう即­死インスト!! 疾走感が堪らんです。

アメリカ東海岸の映像制作チームFresh Killがディレクション・撮影・編集・制作を担当。
Smooth Currentのとある日の一日を切り取って描き出したストーリーも見どころのひとつ。

らしいです。
インストってやつです。私は、声なしって言ってますけど笑

シビレル音ですね~かっこいい^^

ではまた!
ラベル:DJ Ryow  JAZZ
posted by sur at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 渋い音源 | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

カッケー!!音源♫



いつもsurの音源は、

高校からの親友DJFULが、Surのイメージに合わせて作ってくれている。

最近もらった音源の中で物凄くかっこいいものがあったので

紹介したいと思います。


ベース音源は、José James ホセジェイムス

私クラスの知識になるとジョセジェイムスと読み間違える笑

音は、昔から好きなんですけど

こう身近にその道の匠がいるとね・・

甘んじて何も知らないのです^^:

だって、知識なくても良い音源が毎月のように入るから。

よくお客さんにこれいい曲ですね~

なんて曲ですか?なんて聞かれるんですけど

知りません!専属DJセレクトです!しか言えません^^:

で、ホセジェイムスがどういう人物か調べてみると


ジャイルス・ピーターソンが「15年に1人の逸材」と認め、
一躍世界中のジャズ・シーンから注目を浴びる存在となった、
新世代を代表する本格派ジャズ・ヴォーカリスト=ホセ・ジェイムズ、


でここにDJ Mitsu the Beatsが絡んでます。

Mitsu the Beatsの音源も何枚か持ってますけど

めっちゃかっこいいですよ~

Mitsu the Beatsがどういう人かと言うと・・


日本を代表するヒップホップグループ、
GAGLEのトラックメイカーとして、
また個人でもDJ/プロデューサーとして活躍しているDJ Mitsu the Beats。

仙台を拠点としながらも世界で活躍している彼は、
アメリカ、ヨーロッパ各都市、カナダ、そしてアジア圏での
DJツアーで大成功を収めている。
2003年に発表したファーストソロアルバム『New Awakening』から
じつに6年ぶりにして『A Word To The Wise』がリリース。

仙台から世界に~って曲が頭に染み付いてます^^

DJFUL知人がトランペット吹いてるようです。


Takuya Kuroda

甲南大学を卒業後渡米、ニューヨークで活躍するトランペッター黒田卓也さん

ただもんじゃないですね。

すげーかっこいい!

で、うちの親友DJFULは、と言うと

1995年よりDJとして音楽活動をスタートし、
若干15歳の若さでDJバトルに参戦し好成績を残す。
2000年、VESTAX主催DJコンペティションにおいてバトルチーム
T-SKRABBLE DJs (2009年脱退) のメンバーとして世界一位を獲得。
2002 年にはDMC JAPAN のFINAL 2nd PLACEも獲得しその名を全国に知らしめる。
2003年、トランペットプレーヤー広瀬未来の指揮のもと、
関西屈指のJAZZアーティストとのセッションバンドShade Of BlueのDJとして
ジャズクラブをはじめ数々のイベントで活躍する。
現在はMC NAGANSERVERのDJを担当しHIP HOP DJの本質を追求し続けている。
クラブ シーンのみならず音楽講師(三木楽器DJ SCHOOL)を
つとめるなど幅広い分野で活躍するからこそ産まれる感覚を信じ、
新たなDJスタイルを日々創作している。

そうなんですよ!高校時代からただ者じゃなかった!

だから当時から本当に良い刺激で

身近にこういうすごい存在がいるとね

俺も頑張ろう!そう思ってました。

良き友であり、世界は、違えどライバルでもあった?

高校時代から自分の信念が確立していた!

ここがもう私とは、全然違ってた。

そんなFULさんも今やパパになり本当おめでたいし

良いパパになるでしょうね~

いつも良い音源ありがとね~FUL!

あ!何か身内の内容になっちゃいましたけど

とにかくsurでかかっているmusicは、

かなり洒落た洗練された音源なのです。




DJ Mitsu the Beats "Promise In Love feat. José James

愛聴してくださいね~


ではでは、次は、本題更新しますよ^^


posted by sur at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 渋い音源 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。